使い過ぎに注意!!

カード破産。これが何を意味するのかを知っていますか?カードの使い過ぎにより、支払が不能となることを意味します。そのような事態に陥ると今後カードを作ることが難しくなります。クレジットカードはとても便利なのですが、この危険性が高い事を覚えておきましょう。その原因と対処法を考えてみましょう。

「後払いだから」
クレジットカードの支払は後日請求です。カード会社によって締日は異なるのですが例えば一か月に使ったカードの請求額が翌月に引き落としされる仕組みになっています。よってカードを使った時点ではまだ実際の支払が生じていないことになります。まだその時点ではカードが使えてしまうためまだまだ支払できると思わせてしまうのです。それが重なってどんどん買い物を繰り返して請求がとんでもない額になってしまうのです。

「お金を使っている感覚がない」
クレジットカードで支払っているとお金を使っているという感覚がありません。現金で買い物をすると紙幣や硬貨を自分の財布から取り出して支払をします。するとお金を使ったんだなという意識が高まるのです。ところがカードの場合は全く現金を見ないまま買い物をします。そして引き落としも銀行の口座からとなります。結局はカードの明細や預金通帳の数字でしかお金の動きを見ることができません。そうすると段々お金を使っている感覚が麻痺してきてしまいついついムダ使いするようになるのです。

「使いすぎの対処法」
クレジットカードを使う時に使い過ぎをしない方法を考えてみましょう。
・ショッピング限度額を低く設定する
普通のクレジットカードを作るとその限度額は最低で30万円から50万円ほどに設定されています。この限度額を下げてしまいましょう。これはカード会社に所定の手続きをとることで行うことができます。カードが使えるのでついつい使ってしまうのです。使えなければ買い物ができませんので使用金額をある程度コントロールすることができます。
・家計簿をつける
お金をムダ使いする方は、出ていくお金に対して無頓着です。そこで家計簿をつけてみることをお勧めします。ノートに書き留めていくのもいいのですが、それを付けることを忘れてしまう可能性が高くなります。家計簿は継続してつけなければ意味がありません。そこで便利なのがスマホなどの家計簿アプリです。それを利用すれば使ったその場ですぐに家計簿をつけることができますから付け忘れや漏れを防げます。自分がどれだけの金額を使ったのかを一目で把握できれば段々とお金を使うこと、カードを使うことをセーブできるようになるはずです。

クレジットカードは賢く使えばとても便利なツールです。使いすぎに注意して便利に使いましょう!

子供の教育には絶対現金

日本は子供に対するお金の教育が不十分だと言われています。一部の国では子供の頃から株や投資の話などを小学生くらいの子供に向かってするのだそうです。小さいうちからきちんとお金の使い方や経済観念を身に着けさせておくことで大人になってからお金を有効に使うことができるようになるのです。そのための教育としてカードではなく現金を持たせる、使わせることが望ましいのです。

「お金について知る」
お金についての教育をするためには実際にお金に触れることです。習うより慣れろです。お金を実際に持ってみないとそれがどんな物であるかがわかりません。そのためには現金を実際に持たせることが一番の教育法なのです。日本ではどのような通貨や紙幣が出回っているのか、そして買い物をするときに買う物によってどれくらいのお金が出ていくのかを目の当たりにして知る、見ることができます。カードの場合は実際にそのお金を見ることなく買い物が済んでしまいます。それなので通貨や紙幣を見る機会がありません。それが子供の頃から当たり前になってしまうと日本で流通している通貨や硬貨の種類や価値さえわからなくなってしまうのです。

「お金の価値を知る」
お金は持ってみて初めてその価値がわかります。現金だからこそそれを実感できるのです。カードなら例えプラチナやゴールド、ブラックといったプレミアムカードを見てもその価値が子供には全くわからないと思います。お金の価値を教えるには現金が一番です。

「やりくりを学べるようになる」
ある程度の年齢になるとお子さんにお小遣いを与える親も多いのではありませんか?その時に現金を渡す親が大半です。カードは現金を介さずして支払が住みます。便利なのですが、お子さんがお金を使っている感覚を学ぶことができません。自分がどのくらいのお金を使ったのかを把握するためには現金が一番です。自分の財布の中に残っている現金を数えればそれを計算できるからです。そのように自分が現金を使っていくことで適切な使い方や、やりくりを学べるようになるのです。

 

一人の子どもの出産から大学卒業までの総費用についてはコチラです

財布もスッキリ!

男女問わず財布がパンパンに膨れ上がっている方いますよね。鞄やポケットの中でもそれはスペースをとりますし、見ていてあまりかっこいいものではありません。財布の中身をすっきりとさせるためにもクレジットカードを利用することが有効策なのです。

「現金を持ち歩く必要がなくなる」
支払をカードメインにすれば現金を多く持ち歩く必要性がなくなります。消費税が導入されて依頼、財布に1円や5円といった細かいお金が増えるようになりました。それにより小銭入れの部分が膨らむ原因となったのです。またお金を使う予定がある方は紙幣も多めに財布に入れておく必要があります。それらのお蔭で財布がパンパンに膨れ上がってしまうのです。その状態で現金での支払を繰り返すと余計におつり等で財布が膨らんでしまうのです。場合によってはお金の詰め過ぎで財布が閉じなくなってしまうこともあるのです。
クレジットカード支払をメインにすれば現金を多く持ち歩く必要性がなくなります。また一番場所をとる小銭も今までほど必要がなくなりますので財布も自然とすっきりさせられます。今までより小さいサイズの財布でも十分足りるようになるかもしれません。

「ポイントカード類も整理必須!」
財布がパンパンに膨れ上がる原因は現金だけではありません。大量のポイントカードもその原因なのです。今どこのお店でもやたらとポイントカードを作ることを勧めてきます。確かにポイントをためればお得なのですが、カードばかりがたまってしまってそれが財布をパンパンにさせている原因を作っています。あまり頻繁に使わないカードなら思い切って処分しましょう。またどうしても処分できないのなら、カード入れを別で作って持ち歩けばいいのです。

「クレジットカードも厳選する!」
一人で2枚以上のクレジットカードを持っている方も少なくはありません。しかしよく使うカードは決まっていると思います。もしも使っていないカードを持っているならそれは解約してしまいましょう。事情により解約できないなら自宅の然るべき場所に保管しておきましょう。クレジットカードも枚数が重なれば財布の中でスペースをとるからです。それならせっかくカード払いをメインにして現金を減らしても財布はパンパンのままです。

財布の中で一番スペースをとるのは現金です。これが少なくなればだいぶ財布自体がすっきりします。中にはカード類でパンパンという方も多いのでそれも一緒に見直すと財布がびっくりするくらいスッキリしますよ!

 

 

お店も喜ぶ?

支払を受ける側にとっては現金と、クレジットカード、どちらが好ましいのでしょうか?どちらの支払い方法も選択できるお店も多くあります。そしてクレジットカードでも現金でもお客様が選んだ支払方法についてお店は何も言いません。どちらがお店にとって歓迎なのかというと現金だと考えられます。その理由について見ていきたいと思います。

「手数料不要」
クレジットカードと現金と両方支払が利用できるお店も沢山見られます。現金はその場でのお店とお客様の取引となりますが、カードの場合はカード会社が仲介に入ります。よってカード会社への手数料が発生してしまうのです。手数料の金額は一度あたりそれほど多くはないかもしれません。お店の経営が厳しいところにとってはその手数料も勿体ないと感じられるのです。事実お店によってはカードが使えるのですが、使用できる最低金額が決まっていることがあります。しかもそれが公に公表されていない情報だったりするのです。例えば以前こんなことがありました。私の友人はできる限りカードで支払いを好んでいます。以前その友人と一緒に夕食を食べにいった時に事前にカードが使えるということで選んだお店に行きました。ところがいざ精算でレジに行ってみると1万円以上の方からご利用可能という事がレジ脇に書かれていたのです。そこで友人はちょっと気を悪くしてしまいました。それならそのように用意していたのにと後で怒っていました。
手数料をお店が負担することを考えるとそのようなやり方も仕方がないことかもしれません。それなら現金のみの扱いにしたらいいと思うかもしれませんが、それではお客様が来てくれないのです。高額な商品やサービスを購入してくれる方には手数料を負担してもそれだけのメリットがあると考えるのです。そういったお店も少なくないことから手数料はお店にとっても大きな負担だと考えることができるのです。

「最も信頼性が高い」
現金のメリットはすぐに利益になることです。お客様から頂いたお金はそのままその日の売り上げとして計上できます。既にお金としてあるのでそれが突然なくなることはありません。ところがカードの場合は売上として計上はできるものの、その場ですぐに現金化できないのです。カードは決済されたからといってその場ですぐに現金が受け取れるわけではありません。いつも決まった期日に決済された金額がまとめて振込されるようにな仕組みになっているのです。カードは基本的には後払いです。使用した金額が後日請求されます。中には決済してからカードが使用不能、利用者から料金を回収不能になってしまったというケースもあると聞きます。そのような場合はカード会社による保証が受けられます。それでも現金のほうが、絶対的信頼感があるのです。

お客様の利便性を考えるとクレジットカード決済を導入しないわけにはいきません。しかしお店の本音は現金決済歓迎なのです。

 

結局使いやすいのは?

結局、カードと現金はどちらが使いやすいのでしょうか?
その答えは、どちらともいえないということです。
それは人それぞれ便利さを感じる点が異なるからです。
あえて答えを上げるなら両方を状況に応じて使い分けるということです。その事例を紹介したいと思います。

「使いやすい方を選ぶ」
現金かカード、人によってどちらが使いやすいかが分かれると思います。
どちらも使い慣れているほうで支払をしたほうが自分自身が楽です。無理して現金、カードでそれぞれ支払をする必要はありません。自分自身が気持ちよく支払が出来る方法を選ぶのがベストです!

「周りの状況に応じて使い分ける」
現金払いしか受けていないお店もまだまだ沢山あります。個人で経営しているお店などはまだまだカード払いできるところが少ないのです。またクリニックや病院の治療費や診療代もほとんどが現金での支払のみです。そのようば場所ではクレジットカードを持っていても何の役にもたちません。あえて使えないような場所に行くことがわかっていれば手持ちの現金を多めに用意しておきましょう。
場の雰囲気を読んで支払方法を考えることも重要です。例えば友人同士でご飯を食べに行くと割り勘で支払をするでしょう。その時に一人だけクレジットカードで支払いをするというのも考え物です。以前仲の良い友人同士で食事に行く機会が何度かありました。その中で必ず支払をまとめて自分のクレジットカードで行う友人がいました。それを本人が言い出すのですが、現金で他の友人たちから費用を多少多めに徴収するのです。自分がまとめて支払うことを提案しておきながら、端数まできっちりと割り勘にした以上の現金を毎回徴収するのです。そんな事が何度も続き、その友人の事をせこい人だと周りの友人は言うようになってしまいました。その人はきっとカードでポイントを貯めようと思っていたのかもしれません。しかも周りの空気が読めず、毎回自分の意見を押し通していたのも悪かったのです。このようにカードを持っていても、カード支払ができるお店でも現金で支払った方がいいケースもあるのです。そんな時は無理やりカード払いをすることはお勧めできません。状況を把握して支払方法を決定するのが好ましいです。普段はクレジットカードメインで支払をしている方でもどんな状況にも対応できるように常に財布に現金をある程度用意しておくことが大切です。
またその逆で普段現金払いをしている方でもカードで支払ったほうがいいケースも出てきます。例えばレジで沢山の人が並んでいるときです。現金を出すのに手間どっていると周りの方の迷惑にもなります。そんな時は焦ってお金を探すといつも以上に手間がかかってしまうものです。そんな時もクレジットカードが使える店ならそれでさっと支払を済ませてしまった方が楽です。周りの方に迷惑にもなりませんし、ムダに焦る必要もありません。また現金の持ち合わせがない時でもカードが使える店なら支払をそれで済ませられます。

「お得度で選ぶ」
現金で支払うとキャッシュバックが受けられる、ポイントがたまる等のサービスが受けられることがあります。またその逆でカードで支払った方がお得になることがあります。
その時の状況に合わせてお得な法を選んで使いましょう。

現金もクレジットカードもこの先絶対に無くなることはありません。

それを考えると現金とカードをその状況に合わせて上手く使い分けるコツを学びましょう。そうれば両方を賢く使い分けることができますよ。
カードは、年会費無料のものもたくさんあるので、とりあえず持ってみて使い分けを実践してみて下さい。クレジットカード比較ならこのサイトがおすすめです。

 

どこでも使える!お得に使える!

現金の最大のメリットは使えない場所がないことです!カード支払が出来ないお店はあっても現金払いができないところはありません。これを持っていればどこでも買い物ができるのです。

「支払を気にしなくていい!
現金を持っていればどこでも支払ができます。クレジットカードを使えるお店は日本国内、海外でも沢山あります。ところがまだそれが使えないお店も多くあるのです。いつもカード払いの方はそんなとき困りますよね。カードが使えないということだけで不愉快になってしまう方もいらっしゃいます。しかしそれだけでお店を判断するのも勿体ないと思いませんか?また普段カードをメインで使っている方は現金をあまり持ち歩かない傾向が高いのです。そうするとクレジットカードが使えないお店に入ってしまうと焦るのです。手持ちの現金を数えて足りるかどうかを確認しながら買い物をするしかありません。現金なら手持ちがある限りそんな心配は一切無用なのです。

「地方はやっぱり現金!」
例えば旅行に行って地方の個人経営しているようなお店や飲食店に入ったとします。地方でも大型店舗の出店が相次いでいますがまだ個人経営のお店も多いのが現状です。そのような場所ではカードの使用ができないところが多いのです。また地方だと普段メイン使用している銀行のATMを探す、ATMが設置してあるコンビニを探すのだって大変です。それを考えると現金を持ってそれで支払をしたほうが便利で確実なのです。

「現金での支払が得な場合も」
お店によっては現金の支払のみに特典が付く場合があります。例えばポイントカード。どこのお店でもポイントサービスを実施しており利用金額に応じて加算されます。ところが現金での支払時のみポイントを付与してくれる場合があるのです。またフリーペーパー等で割引券が付いていますよね。それも現金払いの時だけにしか使えないという条件が付けられているのです。カードがお得だと信じている方も多いのですが、現金だって場合によってはお得度が高いのです!

ムダ使いしすぎない

現金払いの方はムダ使いをしません。それは現金で払うとお金が出て行っていることを強く実感するからです。

全て現金で支払っていればお金の使い過ぎに困る、預金残高がマイナスになってしまうことを防げるかもしれません。その理由についてみていきましょう!

「お金を使っているという実感」
現金で支払いをすると目の前で自分の財布からお金が消えていきます。そこでお金を使っているんだなという実感することができます。ところがカードの場合は異なります。カードは支払いの時に本物の現金を目にすることはありません。プラスチックのカード一枚だけで支払が済んでしまいます。その時に暗証番号を入力するかサインするだけで支払終了です。そうするとお金を使っているという感覚が感じられません。もちろん実際はお金は使われています。カードを通じて自分の預金口座からお金が出て行っているのです。しかし人間というのはそれを目の前にしないと使っている感覚を実感できないのです。

「使いすぎに注意するようになる!」
現金で支払いをすると、使いすぎを防げます。それはあるお金でしか支払をすることができないからです。財布の中に現金が入っていると思いますがこの中に入っている現金、そして現在銀行の預金口座に入っている残高の範囲内でしか現金を使うことができません。そこでお金の残高がすぐに把握できます。よって自分がどれだけのお金を使うことができるのかを財布や通帳を見ればすぐに知ることができるのです。そうすると自然と持っている範囲内で買い物を済ませるように気を付けるようになります。持っている以上の買い物をしようとは思わなくなるのです。
ところがカードの場合は自分の持っているお金以上に使いすぎてしまいます。その理由は請求が後日にまとめてくるからです。カードは例えその時点で預金通帳に十分な残高が残っていなくても利用範囲内であれば買い物をすることができます。そうすると自分にはまだ買い物できる余裕があるのだと勘違いしてしまうのです。そしてどんどん後日請求額が膨らんでいってしまうのです。
さらにカードはリボ払い等も利用できます。もしも金銭的に余裕がない時にリボ払いを利用すれば分割で請求を支払うことができます。どうしても欲しい物があるときは便利かもしれません。しかしリボ払いをすると、手数料や金利が上乗せされていることをついつい見落としてしまうのです。そうやってどんどん自分の持っているお金以上の買い物をカードでしてしまうのです。

「お金の有難味を実感できる」
昔の給料は現金での支給が一般的でした。給料日になると給料袋を職場からもらって皆さん自宅に帰っていたのです。ところが今はほとんどが銀行振り込みというスタイルに変わりました。アルバイトやパートでさえも現金支給を行っているところはほとんど見られません。しかしそれによりお金に対する有難さが薄れたと思いませんか?やはり現金をもらったほうが、喜びが倍増するのです。
現金を受け取るとその重みを感じます。それがその月自分が一生懸命働いて得た重みだということが伝わってくるからです。それによりお金に対する有難味がわいてきます。せっかく大切なお金をムダに使ってはいけないという心理も働くようになるのです。銀行振り込みやカードを常に使っているとその有難味が段々と薄れてくるのです。

現金主義の方でも使いすぎる方はいます。それでもカードで払うより使いすぎのリスクは避けられるのです。

現金貯金のサイトはコチラです。

支払は現金派?クレジットカード派?

何かの支払をするときは、現金派ですかそれともクレジットカード派でしょうか?人それぞれ意見が分かれるところだと思います。現代では何かとクレジットカードを作る機会も多く出てきます。20代から60代の方なら最低でも1枚はクレジットカードを所有しているはずです。しかし持っていても全く使っていない方も少なくはありません。一方で支払はカードで徹底している方もいます。現金とカード、どちらを使っている方が多いのか気になりませんか?その割合や使い方の実情について詳しく見ていきましょう。

「現金派、クレジット派の割合」
・年代によって分かれる
クレジットカードの使用頻度は年代によって大きく分かれます。
昔はクレジットカードなどという物はなく、現金での支払がほとんどでした。それが段々とクレジットカードが使用できるお店が増えたこと、カード会社やその種類が増えたこと、そしてクレジットカードを作ることでより良いサービスを受けられるようになった等の理由で段々と所有者が増えていきました。また特定のサービスを受けるためにカードを作る機会も増えています。そこで年代別に見てみると、クレジットカードを持ち始めたのが遅かった、使った経験が少ない50代以降の方は支払い時に現金を使われる割合が高いです。それはカードを使うことに慣れていないと、使うことに抵抗があるからだと思います。それとは逆に若い世代の方は学生の頃からカードを持ち始めたという方も少なくないのです。よって現金とカードを比べるとクレジットカードの使用頻度が高い傾向にあります。
・周りの影響
周りの影響によってもカードの使用頻度が変わります。最も大きな影響を受けるのは自分の両親です。例えば自分の両親が支払をいつもカード決済で行っているのを目にしていたとします。すると同じように影響を受けてカードを使って支払をする頻度が多くなります。また両親がいつも現金で支払っているのを目にしていたら現金で支払う頻度が多くなる可能性が高いのです。

「両方を使い分ける」
現金とクレジットカードを両方持っており、その場に合わせて使い分けている方が大半を占めます。その使用割合についてより調べてみましょう。
・メインはカード
クレジットカードで支払いができるところはクレジットカードで、それ以外は現金でというようにカードメインで支払をします。
・メインは現金
メインは現金でカードは必要な場合だけという使い方もあります。例えばカード支払をしたときのほうが得になる、もしくは現金の持ち合わせがなかった時だけに使うなど、極力カード使用頻度は少ないのです。
・その時の気分で
その時の気分で、カードと現金を使い分けます。

カードや現金という選択肢だけでなく電子マネーという支払方法も選ぶことができます。ますます多様化する支払方法。私達は一体どれを選んだら便利なのか、お得なのか迷いますよね。カードと現金、それぞれのメリットやデメリットについてもっと詳しく分析してみたいと思います。